回復期リハビリテーション病棟の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? 回復期リハビリテーション病棟の看護師についての記事一覧

回復期リハビリテーション病棟の看護師 +αの資格が必要?

回復期リハビリテーション病棟の看護師は何か資格を取得したほうが良いのでしょうか?

回復期リハビリテーション病棟では、あまり医療行為がなく介護業務がメインとなっています。そのような職場でも、看護師以外の資格を取得すれば何か役に立つのでしょうか?

また、どのような資格があり、ステップアップすることはできるのでしょうか?

転職にするにあたって役立てて頂けるように、説明していこうと思います。

回復期リハビリテーション病棟 看護師は他の資格を取得すればステップアップできる?

回復期リハビリテーション病棟で看護師として働いているあなた、もしくは転職先に回復期リハビリテーション病棟を選ぼうとしているあなた。

看護師以外の資格を何か取得すれば、ステップアップできるのかな?と悩んでいませんか?

最近では、ステップアップするために様々な資格を取得する看護師が増えてきました。

でも、資格を取得したら、どういった面でメリットがあるのか解らない方も多いのではないでしょうか?

私自身もその一人でした。ステップアップしたいけど、どの資格を取得すればどのように役立つのか、そして取得する意味が何かあるのかが解りませんでした。

ですので、私が実際に取得した+αの資格と、その他に役に立つ資格について説明していきます。

まず、私が取得した資格ですが、ケアマネージャーと認知症ケア専門士です。

この2つが、回復期リハビリテーション病棟で働くにあたって、どういった役に立つの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。ですが2つとも、とても役に立つ資格なのです。

ケアマネージャー

まずは、ケアマネージャーですが、ケアマネージャーの資格を取得したからといって入院患者さんのケアプランを作成する訳ではありません。

患者さんやその家族が決めた事業所で担当のケアマネージャーがケアプランを作成します。ですので、ケアマネージャーの資格を取得してもケアマネージャーの仕事をするわけではありません。

回復期リハビリテーション病棟で入院している患者さんの多くは在宅生活を送ります。

その方々が退院後も安全で安楽な生活を送るためにケアプランをたてるわけですが、プランをたてるにあたって、病棟での本当に必要な情報を的確にケアマネージャーに提供できるかはケアマネージャーの仕事をどれだけ把握しているかにかかっています。

ケアマネージャーの資格を取得するまでは、ケアマネージャーが病棟に相談に来るたびに「面倒臭いな」と思っていたのですが、自分自身がケアマネージャーの資格取得後は積極的に話をするようになりました。

そして、患者さんが求めている在宅生活の援助を入院生活中に色々考える事ができ、在宅にかえってからも安全・安楽に生活できているとよくお礼を言ってもらっています。

認知症ケア専門士

次に認知症ケア専門士の資格です。ケアマネージャー以上に必要ないのではないか?と思う方も多いと思います。

ですが、回復期リハビリテーション病棟にも認知症の患者さんは入院されます。そして、認知症を理解するには専門的な知識を要します。

例えば、病棟に入院している認知症の患者さんが、徘徊・暴言・暴力をしている場合、あなたならどうしますか?

家族に報告し常に患者さんの側にいてもらうよう提案しますか?それとも、患者さんを抑制しますか?

ですが、そのようなことをしたら、患者さんは余計にヒートアップします。認知症の患者さんの場合、なぜそのような行動を取るのかを把握しなければいけません。

そのため、患者さんに寄り添いなぜ、そのような行動を取るのかを探求する必要があります。

このほかにも、脳卒中リハビリテーション認定看護師や摂食嚥下障害認定看護師、皮膚排泄ケア認定看護師、認知症看護認定看護師などがあります。

専門的な知識を身につけなければ解らない事は沢山あります。そのため、資格を取得する事は、あなた自身がステップアップできるのです。

ただ、資格を取得するにはお金も時間も必要になってきます。

無理して資格を取得するのではなく自分に合った資格を一つずつ取得していく事をお勧めします。

回復期リハビリテーション病棟 看護師が+αの資格を取得すれば職場で必要とされる人材になるの?

回復期リハビリテーション病棟 看護師の資格を取得したら職場で必要となる存在になるのか?というのも気になりますよね。せっかく勉強して取得した資格なのですから、必要とされたいと思うのは当たり前です。

ですが、全ての職場で求められる訳ではありません。それを見極めるには入職前に判断しなければいけません。

そのため、面接の際に「認定看護師を必要としているのか?」「+αの資格取得をする事を認め、その資格を職場で活かす事ができるのか?」などを聞いておく事をお勧めします。

そうでなけでば、せっかく取得した資格を活かす事ができません。私自身取得した、ケアマネージャーと認知症ケア専門士の資格は上司に高評価してもらう事ができました。

そのため、職場で定期的に認知症の勉強会を開催したり、退院前カンファレンスには必ず出席し退院後のケアプランを拝見し、問題点がある場合は提案させていただいています。

上司にも認めてもらい少しですが昇給もしたので、資格取得をして良かったと思っています。

いま働いている職場では、+aの資格を取得することが難しいけどあなた自身は+aの資格を取得したいと思っている場合、このまま今の職場で働き続けるのではなく転職するといった方法を取ることもできます。

しかし、あなたが+aの資格を取得するのをサポートしてくれる病院がどこなのかをあなただけで探すのはなかなか難しいですよね。

そんな時は当サイトランキングの回復期リハビリテーション病棟 看護師の求人に強い転職サイトに登録すると、転職コンサルタントがあなたの+aの資格取得をしっかりサポートしてくれる病院をあなたの代わりに探してくれます。

あなたはコンサルタントに「○○の資格が取りたいのですが、それをしっかりサポートしてくれる病院をお願いします。」と伝えるだけでいいんです。

回復期リハビリテーション病棟の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? 回復期リハビリテーション病棟の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ